MENU

Uターン就職

 

Uターン就職をする人も、少なくありません。
Uターン就職とは、大学などの一定期間、親元を離れて暮らしていた人が、親元に戻って就職することをいいます。
通常は、学校のある近くで就職をすることが多いといえます。
ところが、親の希望などによって、Uターン就職をする人も珍しくありません。
この場合は、地元での求人情報を、どこからか手に入れなければなりません。
多くの場合は、インターネットの就職サイトを利用し、新卒者の求人を探しているようです。
インターネットでは、全国での求人情報が見られます。
求人情報を見るだけならば便利なのですが、実際に就職活動をするとなると、授業の合間をぬって、筆記試験や面接などに行かなければなりません。
Uターン就職をする人の多くが、親の強い希望によるものです。
または学校周辺で全国的な企業展開をしている会社などに就職し、勤務地を地元にする人もいます。
この場合は、就職活動のたびに地元に帰る必要がないので、これらを多用している人もいます。
中高年のUターン就職の場合は、親が年配になり、子供と一緒に住みたいというものがほとんどです。
田舎では墓を守る人間が必要になってきます。
そのため、Uターン就職を望む親が多いようです。

 

Iターン就職

 

Iターン就職をする人も、珍しくなくなってきました。
Iターン就職とは、縁戚関係などのない、まったく見知らぬ土地で就職することです。
地方の過疎化にともない、過疎地の自治体では率先してIターン希望者を募っています。
就職先なども公務員や第3セクターなどを用意し、Iターン就職者にできるかぎりの便宜を図ろうとしています。
少子高齢化の進む過疎地では、若い夫婦のIターン就職は、願ってもないことです。
そのため、Iターン奨励金などをだして、Iターン就職者を定住させようとする市町村もあります。
過疎地の市町村では、子供の進学に伴い、どんどん人口が減っていきます。
これを補うには、Iターン希望者を受け入れるしかありません。
人口の減少と高齢化を食い止めるため、過疎地の市町村はIターン希望者を優遇して、少しでもIターン就職を増やそうと努力しています。
Iターンをする側にも、さまざまな事情があります。
子供の病気で、少しでも空気のいいところに住まわせたいといった人や、定年退職して田舎でのんびり暮らしたいといった人が、Iターン希望者には多いようです。
見知らぬ土地に行って生活するわけですから、不安感はあって当然です。
それを、市町村が支援しています。

 

転職・就職で成功する

転職・就職で成功するタイプの人というのはいろいろといると思いますが大きく分けると実は三つのタイプの人が転職・就職で成功しているといわれています。まず、転職・就職で成功するタイプの一つ目は、自分のキャリアをしっかりと持っていて、ものの考え方や見方を表現できる人というのは転職・就職に成功しやすいといわれています。二つ目は、将来の展望がはっきりしている人も転職・就職に成功しますし、最後にきちんと計画を立てて、準備をしてからいろいろと転職・就職活動を行っている人も比較的就職には成功しやすいといわれています。年齢でいえば、若ければ、何とか転職・就職も成功しやすかったけど年齢が中高年になればなるほど、キャリアがなければ転職・就職には成功しにくいといわれています。

 

転職・就職に成功する人の考え方や動きというのは、今の自分や企業のことを考えながらも、10年後の自分をきちんと見て、そして自分と企業の10年後も見据えている人が成功しやすいといわれています。いかに自分を上手にアピールして企業に売り込むかという能力も転職・就職には必要なのではないでしょうか。なかなか難しい問題ではありますが計画をたてて将来を見据えればきっとうまくいくのではないでしょうか。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク